2010年11月04日

フィルムでの特許取得

フィルム 特許取得

知識を持つという事はとても大切な事で知識があるのと無いのとでは雲泥の差があるというのは誰の目にもあきらかな事だと言えると思います。

昔私たちの先祖の知識というものはまだ未熟でただ便利だと言うだけで化石燃料などを大量に消費していました。


また新しい技術などが出現するとそれがのちにどのような影響を与えるのかを考えずに、世界中で使用した結果現代では地球の温暖化による気候の変動などに悩まされています。


この地球の温暖化は様々な事が要因とされていて化石燃料の大量消費によるだけのものではなく、フロンガスなどの発見によってただ人畜無害というだけの理由で地球に対する影響を考える事ができずに使用していました。


その結果人間には無害でも地球を守るためのオゾンホールに穴をあける事になり、その結果地球上の二酸化炭素の量が多くなり太陽からの熱が地球外に放出されず地上を温める結果になったわけです。


二酸化炭素をどうやって削減するかという問題は今生きている人間に課せられた最大の課題であり、世界中でストップ温暖化というキャッチフレーズをかかげ努力しているというのが現状です。


日本でもこの温暖化に対する対処としてもっとも使用されているであろうビニール袋などの開発が進められており、その中でも二酸化炭素を軽減させる素材を発見しその素材を利用してビニール袋を作るなどの努力がされています。


このビニール袋は燃やす時に排出する二酸化炭素を通常のビニール袋を燃やす時のおよそ6割も削減する事が出来るようです。


全ての袋にこの技術を使えば日本の削減できる二酸化炭素の量は各段に減るのではないかと期待がかかっていてレジ袋だけではなくてゴミ袋や色々なビニール製品として使われています。


この技術はすでに国際特許を取得した技術で二酸化炭素低減プラスチック成型品とされ、あらゆる製品に使われておりフィルム部門としては世界に誇れる製品と言えるのではないでしょうか。
posted by 特許取得 at 00:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。