2010年11月03日

日本での特許取得

日本 特許取得

世界中で特許の申請が行われておりその中で日本が取得している特許は意外にも最先端のものがとても多いのです。


半導体や有機エレクトロニクスに関して言えばかなり多いのではないかと言われており、電子部品テクノロジーの日本の貢献度と特許取得の数は群を抜いていると言っても過言ではないかもしれません。


また工業技術に関しても日本はとても優秀と言われており中でも難しいとされている技術に関しても日本の技術者は優れていると言えるのではないでしょうか。


日本自体が取得している特許による技術開発も当然行われているのですが、日本自体が取得していない技術に関しても特に目覚ましい活躍を見せているのも特徴で世界中で注目されています。
例えば世界の誰かやどこかの企業がその考えに特許を取得したとして、現実にはそれを具現化する事が出来なかったとします。


世界中のどこの国にも実現する技術が無かったその技術を日本の技術者は簡単にではありませんが、実現化してしまうという素晴らしい技術を持っています。

カメラのオートフォーカスは海外の特許でしたが実は特許を取得した国では作ることが出来ず、その考え方のみが存在していたのですがそれを日本の企業が開発をしたことで誰でも簡単に写真を撮る事が出来るようになったわけです。


このように日本という国は世界中の特許を実現するという独特の技術と国民性を持っているのかもしれませんね。

もちろんすでに取得されている考え方ではなく、日本独自に取得した特許での開発ももっともっと実現していただきたいと思います。


工業技術に関する特許ではありませんが日本文化独特のものも存在していますね。


アニメや音楽に関する事では日本は他の国を圧倒するものがある事も知られておりますが、これに関しては特に中国などでコピーが横行していて著者に対しての被害が報告されていますね。

こういったように他の国が日本の特許などを勝手にコピーして製造し、それを日本国内に持ち込んで海賊版として売りさばかれてしまう事は著者にとってはとても悲しい事です。

posted by 特許取得 at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。