2010年11月03日

特許取得の手順

特許取得 手順

個人企業を問わず発明をしたりした場合には特許を取得する事が出来るため、あらゆるジャンルの発明が公開され暮らしの役に立っていたりします。


特許を取得する時にどのように取得をするのか、その流れがわからないと取得しようがありません。

通常は弁護士や弁理士などに依頼して特許を取得したりするのが一般的なのですが、では取得までにどのような手順を行って取得するのかを考えてみましょう。


まず特許を取得しようと思った時には特許庁という場所へ自分の発明したあるいは作成した製品や考え方などを特許庁に特許取得のための出願を行います。


今回は通常での特許の出願と特許の取得までの流れを調べてみました。


まず書面などで特許取得の出願を行います。


次に審査などが行われます(これは重複したものが無いかなどを照らし合わせて該当しないかを確認する)。

この時に不都合などがあれば特許庁より手続きに対しての補正書の提出を促されます。

それが終わると今度はその出願に対しての審査が行われる事になります。


審査が行われその審査に合格をすると今度は特許の査定が行われます。


スムーズに事が運んだとしますと次に特許料の納付書が届きますのでその指定された金額を入金する事になります。


入金が確認されることで特許を取得する事が可能になり、設定登録をおこないます。


特許の出願をし特許権が発生してから20年間の間となっており、その間は自分の発明したものに対しての権利とその権利の保護が約束されるわけです。


この他にもそれぞれ特許によって登録までの流れや手順が変わってくるので、自分で特許の出願を行うにしても代理で弁護士出願を依頼するにしても大体の手順の把握をしておくといいかもしれません。


また特許を取得しようとした時には特許取得料というものが発生してくるのと代理で特許の取得をしようとした時にはそれぞれ登録料(特許料)や依頼した弁護士に支払うお金が発生する事も忘れないようにしましょう。
posted by 特許取得 at 23:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。