2010年11月03日

個人で特許取得

個人で特許取得

個人が何か発明品などを作ったりその発明の過程などの部分で特許を取得しようとした場合には個人でも特許を取得する事が可能になります。


特許を個人で申請する場合には特許取得を弁護士などに依頼したりする事が可能となっていて、多くの個人の発明家などがもちろん個人で特許の取得もしているようですがこういった弁護士に依頼するケースもたくさんあるようです。


特許はそれぞれ分野が決まっているため自分の発明したものや原理などがどの分野にあてはまるのかを確実に知る必要があり、その分類は次のようになっています。


制御・ソフトウェア・ビジネスモデル・コンピュータ機器・建造物・日用品その他に小さな機械などがあり、それぞれ自分の発明したものに当てはまると思われるものに関して特許を出願するわけです。


特許を取得する時に自分で特許を出願するのであれば問題はないかと思いますが、自分がするのではなくて誰かに依頼する場合には国家資格を持つ弁護士や弁理士などに依頼しなくてはなりません。


なのでもしもこれから特許を出願しようとしている人で自分では出願などの手続きが面倒臭いと思われる人はこういった弁護士や弁理士などに依頼するのがいいでしょう。


特許で個人と言えばテレビなどでよく見かける町の発明屋さんのようなイメージが多いのではないかと思います。


そして特許を取得した人などは法律によってその発明や原理などは守られる事になるのですが登録の時には手数料などが発生するようなので特許を出願しようと考えている人は注意が必要になってくると思います。


特許はそもそも発明をした人が原理を考えた人が気持ちよくその知的財産を活用できる人に提供するもので、これがあるおかげで原理はわからないのだけれど持っている技術でその機械などが作れるなどのような事もつながるのわけです。


特許を取得している人はその発明などを利用してもらう事で具現化してもらうと共に発明者としての価値などを保護されるので、役に立つ立たないは別として個人で特許を取得しようと考えている人はたくさんいるようです。
posted by 特許取得 at 23:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。