2010年11月03日

特許取得のランキング

特許取得 ランキング

個人や企業などが発明したり開発したりしたりしたものを時的財産といい、あらゆるジャンルで活用されています。


特許というものはこの発明をした発明者の権利と保護を目的としたもので、その発明を他の人も利用できるように公開する変わりにある一定の期間発明した者に対しての発明の利用料などの権利を与えるものです。


もしもこのような措置がなければ発明は他の者に知られる事なくそれ以上の発展が出来なくなったりしてしまう可能性も出てくると考えられるわけです。


発明や原理などを考えたりした場合などにこの特許を取得する事になるわけですが、たとえば海外でその装置などの原理を考えたとしてそれを特許を取得しておいて世界中に公開したとします。


それを実現できるだけの設備や知識のあるものがそれを実現した事で現在では様々な発明品が作られ、現代人の暮らしをより豊かにしさらに発展したものが多く存在します。


例えばカメラのオートフォーカスや自動車メーカーのマツダが開発したロータリーエンジンなどがその代表作というのはあまりにも有名な事実ですね。


特許は毎年世界中で登録されていて、その特許にはランキングなどがあります。


ランキングは企業などが自社で発明した発明品やその原理などの特許を取得するわけですが、1つの企業が1つだけ発明を行うわけではないので発明したもので特許を取得した数の統計でランキングを決めるわけです。


ランキングは企業や各国によってそれぞれ発表されており、アメリカの特許ランキングでは12年連続でマイクロソフト社が1位を獲得しており今では不動の地位とされています。


アメリカの特許ランキングの発表によると1位は12年連続マイクロソフト社になっていて10位以内には日本のメーカーなどもあげられていて松下電器産業や東芝や日立製作所などが有名です。


日々たくさんの発明が申請されているわけですが、ランキングでは特に企業の特許取得数などで順位が決まってくるような仕組みになっているようです。


最近では日本の企業の特許の取得が減少している傾向にあるようで、これからの活躍に期待がかかることは間違いないと思われます。
posted by 特許取得 at 23:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。