2010年11月04日

フィルムでの特許取得

フィルム 特許取得

知識を持つという事はとても大切な事で知識があるのと無いのとでは雲泥の差があるというのは誰の目にもあきらかな事だと言えると思います。

昔私たちの先祖の知識というものはまだ未熟でただ便利だと言うだけで化石燃料などを大量に消費していました。


また新しい技術などが出現するとそれがのちにどのような影響を与えるのかを考えずに、世界中で使用した結果現代では地球の温暖化による気候の変動などに悩まされています。


この地球の温暖化は様々な事が要因とされていて化石燃料の大量消費によるだけのものではなく、フロンガスなどの発見によってただ人畜無害というだけの理由で地球に対する影響を考える事ができずに使用していました。


その結果人間には無害でも地球を守るためのオゾンホールに穴をあける事になり、その結果地球上の二酸化炭素の量が多くなり太陽からの熱が地球外に放出されず地上を温める結果になったわけです。


二酸化炭素をどうやって削減するかという問題は今生きている人間に課せられた最大の課題であり、世界中でストップ温暖化というキャッチフレーズをかかげ努力しているというのが現状です。


日本でもこの温暖化に対する対処としてもっとも使用されているであろうビニール袋などの開発が進められており、その中でも二酸化炭素を軽減させる素材を発見しその素材を利用してビニール袋を作るなどの努力がされています。


このビニール袋は燃やす時に排出する二酸化炭素を通常のビニール袋を燃やす時のおよそ6割も削減する事が出来るようです。


全ての袋にこの技術を使えば日本の削減できる二酸化炭素の量は各段に減るのではないかと期待がかかっていてレジ袋だけではなくてゴミ袋や色々なビニール製品として使われています。


この技術はすでに国際特許を取得した技術で二酸化炭素低減プラスチック成型品とされ、あらゆる製品に使われておりフィルム部門としては世界に誇れる製品と言えるのではないでしょうか。
posted by 特許取得 at 00:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子ブック 特許取得

電子ブック 特許取得

昔から文字によってその時代の暮らしや活動などを後世の人間に残そうという試みは数多く存在し、世界中の発掘や遺跡調査などで発見され解読されていて私たち現代人にも昔の暮らしなどを知る事が出来ます。

文字というのは私たちの暮らしの中では欠かせないものとなっております。


また技術が発達し文字だけではなく写真などの画像なども出現する事によってさらに後世の人々に今の暮らしや技術などを伝える事が出来るようになりました。

後世の人に伝えるだけではなく、今の私たちの楽しみの一つとして本というものがあり様々なジャンルで私たちを楽しませてくれているのも事実と言えるでしょう。


趣味の一つとして読書という言葉が存在するように本を愛する人はたくさんいるのですが、少し前までは本は書店で買うものという固定観念があってまたそれが一般的な書籍の入手方法でした。

現在では書籍はもちろん書店で求める事も可能ですがインターネットの普及やパソコンの発達に伴って電子化したものも多く存在しているのも事実です。


電子書籍は簡単に購入する事が可能で最大の利点は書店で求めた書籍と違ってかさばらないという事が最大の利点なのではないでしょうか。

文書をデータ化する事によりどこでも持ち運ぶことが可能で、どんなところでも場所を選ばずに読む事が可能で、さらにたくさんのデータを持つことも可能というまさに夢のような技術と言えるでしょう。


また電子ブックとして購入するだけではなく、自分の持っているデータなどを電子ブック化する事も可能な時代になりました。

電子ブックでは自分の思い出などを撮った写真などをまとめて電子アルバムにする事も可能で、いつまでも新鮮な思いでとして見ることが可能で利用者も増えているようです。


電子ブック化は文書や画像など色々なものをデータ化する事が出来るため、企業などでも多く利用されているようです。

この電子ブック化の技術は特許を取得している技術で、一般の人でもこの技術を使ったソフトなどを入手する事で簡単に文書の作成やアルバムの作成が出来るようになっています。
posted by 特許取得 at 00:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べ物での特許取得

特許取得 食べ物

特許は技術だけではなくその原理や工程などあらゆるものに関して取得をする事が可能で、たとえそれが今現実に無かったとしてもその出願した特許が現実に無かったとしても取得する事が原則は可能になっています。


ただ特許の申請には盲点などもあって特に技術に関して言うとその技術の工程すべてに特許を取得しておかないと重要な部分の特許を誰かに取得されてしまい、後になって後悔したりしないとも限らないのでその辺は十分に注意が必要になってくると思います。

簡単なものであれば自分で特許を申請してもかまわないと思いますが工業技術などの分野での特許の場合には専門に扱っている弁護士などに依頼して取得した方が安全ではないかと思います。


さて、これらの他に食べ物での特許の取得というものも存在していて、特に有名なもののほとんどは特許を取得しているのではないでしょうか。


ヤクルトなども特許を取得していて類似品やその製造方法などを利用したりする場合には当然ながら特許を取得している企業へ相談をしたりしているのでしょうか。

日本で食べ物で特許を取得しているものの中で特に美容に関するものに対しての特許はとても多く存在しているのがおもしろいと個人的に感じてしまいました。


特にダイエット食品に関する製品では特許を取得しているものも多く存在していて、その製品のどの部分が特許を取得しているのかなどを調べてみると別の意味で興味がわいてきます。

とくに食べ物は人間にとっては日々の生活の中で欠かすことの出来ないものなので、人気の出そうなものを考えて特許を取得するのはとてもいい事かもしれませんね。


ただし食品に関して言えば特許を取得する時に出願する事でその製造方法などを一般に広く公開する事になるので、製造方法はわが社だけの秘密ですというわけにはいかないところが難しいかもしれません。

でももしも万人に認められてその商品が爆発的に売れたりしたらきっと公開する事をデメリットと考えるよりも、むしろ大きなメリットだと考える方がいいのかもしれません。
posted by 特許取得 at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

日本での特許取得

日本 特許取得

世界中で特許の申請が行われておりその中で日本が取得している特許は意外にも最先端のものがとても多いのです。


半導体や有機エレクトロニクスに関して言えばかなり多いのではないかと言われており、電子部品テクノロジーの日本の貢献度と特許取得の数は群を抜いていると言っても過言ではないかもしれません。


また工業技術に関しても日本はとても優秀と言われており中でも難しいとされている技術に関しても日本の技術者は優れていると言えるのではないでしょうか。


日本自体が取得している特許による技術開発も当然行われているのですが、日本自体が取得していない技術に関しても特に目覚ましい活躍を見せているのも特徴で世界中で注目されています。
例えば世界の誰かやどこかの企業がその考えに特許を取得したとして、現実にはそれを具現化する事が出来なかったとします。


世界中のどこの国にも実現する技術が無かったその技術を日本の技術者は簡単にではありませんが、実現化してしまうという素晴らしい技術を持っています。

カメラのオートフォーカスは海外の特許でしたが実は特許を取得した国では作ることが出来ず、その考え方のみが存在していたのですがそれを日本の企業が開発をしたことで誰でも簡単に写真を撮る事が出来るようになったわけです。


このように日本という国は世界中の特許を実現するという独特の技術と国民性を持っているのかもしれませんね。

もちろんすでに取得されている考え方ではなく、日本独自に取得した特許での開発ももっともっと実現していただきたいと思います。


工業技術に関する特許ではありませんが日本文化独特のものも存在していますね。


アニメや音楽に関する事では日本は他の国を圧倒するものがある事も知られておりますが、これに関しては特に中国などでコピーが横行していて著者に対しての被害が報告されていますね。

こういったように他の国が日本の特許などを勝手にコピーして製造し、それを日本国内に持ち込んで海賊版として売りさばかれてしまう事は著者にとってはとても悲しい事です。

posted by 特許取得 at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工業技術での特許取得

工業技術 特許取得

工業技術の特許について一般人はあまり耳にしなかったり、また興味の対象外であるのも事実でたまにですがテレビなどのニュースなどで開発者や技術者と企業間での訴訟などが行われたりする事で目に触れたりします。


工業技術の特許は取得も大変ですがその他にも色々な面で個人のアイディアの特許とはくらべものにならないほど大変で慎重に行う必要が出てきます。


最近では工業技術に関しての特許の考え方が変わってきており、以前は国がその発明に対しての権利を所有してきたのですが、改正後は開発者個人の発明として特許を取得する事ができるようになっています。

有名なのがある企業で青色の発光ダイオードの発明をした開発者と属していた企業との間での訴訟問題があげられるのではないでしょうか。


開発者としては企業の中で開発を行った結果開発に成功したわけですが、あくまでも個人の発明という事で権利を主張し属していた企業との間で特許やその開発によってもたらされた発明の所有権などが重点的に話し合われました。


裁判では発明をした個人の権利が勝ったのは有名なお話ですが、特許というのは特許の出願から1年6か月という年月をかけて公開までに至ります。

その間には審査や拒絶通知などや意見書などの提出などが行われ特許の取得を目指していくわけですがこれらを乗り切って特許を取得したとしても、注意しないといけない点がいくつかあります。

実は工業技術などの特許の申請を行う場合にはその技術の他にもその技術に至るまでのプロセスの部分や周辺に使う機器まですべて一切合財の特許を取得するのでなければ意味が無いとも言われています。

これは他の業者が取得していない部分の特許を取得した場合にどちらが先かではなく、その特許の製品を作るのにどこの部分が重要なのかなどによって後から特許を取得した企業などに利用料などを支払わなければならなくなったりもするからです。

こういった工業関係の技術に関しては取得する事の大変さもありますが後になって企業間でもめ事にならないように立ち回るのも大事な事と言えると思います。
posted by 特許取得 at 23:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライトで特許取得

特許取得 ライト

世の中に役立つ発明によって日本だけではなく世界中で利用されているものが数多く存在しその中でもライトに関係する特許を専門に取得している企業がありその企業のホームページを見てみました。

その企業の特許の中でも医療用の電極製法の特許を取得している企業に関しては日本国内ですが多くの医療に役立っているものがあり私たちの日々の生活の中で役立っています。

またクリスマスや現在では新年にも利用されているイルミネーションをするためのイルミネーション用ライトなどの製造方法に関しても特許を取得していて日本国内だけではなく海外でも特許の取得をしているようです。

イルミネーションに関しては日本は特に秀でたものがあり、クリスマスにもなると色とりどりのイルミネーションを街の中や住宅地などでも見る事が出来て毎年利用者が増えているのも事実です。

その企業のホームページを覗いてみて個人的に驚いたのはこのイルミネーションやライトなどの特許を取得している企業がその特許の権利をゆずりますなどの広告を出している事が驚きました。

イルミネーションの特許についてはコードにたくさんの電球が取り付けらてたもので、まさに毎年クリスマスの時期になるとあちらこちらの家や街の街路樹などに良く見られるものです。

こういった取得している特許製品の権利を譲渡する企業は存在しているのも事実で、もしもイルミネーションライトの特許の譲渡を考えている方や企業の方がいらっしゃる場合にはチェックしてみるのもいいかもしれません。

現在この企業では出願中の製品や発明品などがあるようで現在でもライトに関する製品や発明品の特許出願を行っているようでこれからの特許の取得に期待がかかってくるのかもしれません。

ライトの特許と言えばLEDなどがとても有名で世界中で利用されているものなので、これからの発明や発展にもかなりの期待がかかっているとともにさらなる開発や利用法などについても目が離せないところでしょう。
posted by 特許取得 at 23:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主婦の特許取得

主婦 特許取得

日々の生活の中でこれがあったらとっても便利なんだけどな、などといった考えから爆発的に広まった家庭用品などがたくさんあるのは有名なお話なのですが実はそのほとんどは主婦の方の発明というのはあまり知られていないのかもしれません。


実は現在では主婦の「これがあったらいいな」の発想が実は一人ではなくたくさんの主婦の人が同じ事を考えたりすることから、その発想に対して特許を取得する人が増えているようなのです。

意外にもこの主婦の発想というのはかなり的を得ていて実際に何十億という収入につながっている人がいるというのが事実なのです。

男性とは違った目線で物事を考える主婦の発想というのは実にユニークかつとても便利で簡単で誰もが使えてというものがとても多いのも特徴で、女性ならではの柔軟な発想から世界的に利用されているものも多く存在しています。

実は女性が「これがあったらいいな」と考えるのですがそれをどうやって特許につながっていくのかを知らない人がとても多く存在しているのが実情と言われています。

もちろん特許を取得していない人もいるのも事実なのですが、やはり特許を取得しているのといないのとでは広まり方も違ってくるため取得できるのであれば取得しておいた方がいいかもしれませんね。

現在では個人が特許を取得しようと考えた時にインターネットや郵送などで特許の出願を行う事が出来るので、以前のように特許=面倒くさいという事はあまり言われなくなりました。

ただし特許を出願する時に出願するのはとても簡単なのですが出願するには出願料というものが発生します。

この出願料というのはもしも万が一自分の考えていた発明と同じものがすでに特許を取得している場合でも支払わなければならないため、万が一重複していた時にはその申請にかかった費用は戻ってこないことになります。

その金額はおよそ16000円となっていてちょっと捨てるにはもったいないと考えるかもしれませんが、もしもそれを欲しいと思った人がその発明を利用してそれが爆発的に人気が出た場合その特許使用料として自分に戻ってくるので決して高い金額ではないのかもしれません。
posted by 特許取得 at 23:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特許取得の手順

特許取得 手順

個人企業を問わず発明をしたりした場合には特許を取得する事が出来るため、あらゆるジャンルの発明が公開され暮らしの役に立っていたりします。


特許を取得する時にどのように取得をするのか、その流れがわからないと取得しようがありません。

通常は弁護士や弁理士などに依頼して特許を取得したりするのが一般的なのですが、では取得までにどのような手順を行って取得するのかを考えてみましょう。


まず特許を取得しようと思った時には特許庁という場所へ自分の発明したあるいは作成した製品や考え方などを特許庁に特許取得のための出願を行います。


今回は通常での特許の出願と特許の取得までの流れを調べてみました。


まず書面などで特許取得の出願を行います。


次に審査などが行われます(これは重複したものが無いかなどを照らし合わせて該当しないかを確認する)。

この時に不都合などがあれば特許庁より手続きに対しての補正書の提出を促されます。

それが終わると今度はその出願に対しての審査が行われる事になります。


審査が行われその審査に合格をすると今度は特許の査定が行われます。


スムーズに事が運んだとしますと次に特許料の納付書が届きますのでその指定された金額を入金する事になります。


入金が確認されることで特許を取得する事が可能になり、設定登録をおこないます。


特許の出願をし特許権が発生してから20年間の間となっており、その間は自分の発明したものに対しての権利とその権利の保護が約束されるわけです。


この他にもそれぞれ特許によって登録までの流れや手順が変わってくるので、自分で特許の出願を行うにしても代理で弁護士出願を依頼するにしても大体の手順の把握をしておくといいかもしれません。


また特許を取得しようとした時には特許取得料というものが発生してくるのと代理で特許の取得をしようとした時にはそれぞれ登録料(特許料)や依頼した弁護士に支払うお金が発生する事も忘れないようにしましょう。
posted by 特許取得 at 23:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人で特許取得

個人で特許取得

個人が何か発明品などを作ったりその発明の過程などの部分で特許を取得しようとした場合には個人でも特許を取得する事が可能になります。


特許を個人で申請する場合には特許取得を弁護士などに依頼したりする事が可能となっていて、多くの個人の発明家などがもちろん個人で特許の取得もしているようですがこういった弁護士に依頼するケースもたくさんあるようです。


特許はそれぞれ分野が決まっているため自分の発明したものや原理などがどの分野にあてはまるのかを確実に知る必要があり、その分類は次のようになっています。


制御・ソフトウェア・ビジネスモデル・コンピュータ機器・建造物・日用品その他に小さな機械などがあり、それぞれ自分の発明したものに当てはまると思われるものに関して特許を出願するわけです。


特許を取得する時に自分で特許を出願するのであれば問題はないかと思いますが、自分がするのではなくて誰かに依頼する場合には国家資格を持つ弁護士や弁理士などに依頼しなくてはなりません。


なのでもしもこれから特許を出願しようとしている人で自分では出願などの手続きが面倒臭いと思われる人はこういった弁護士や弁理士などに依頼するのがいいでしょう。


特許で個人と言えばテレビなどでよく見かける町の発明屋さんのようなイメージが多いのではないかと思います。


そして特許を取得した人などは法律によってその発明や原理などは守られる事になるのですが登録の時には手数料などが発生するようなので特許を出願しようと考えている人は注意が必要になってくると思います。


特許はそもそも発明をした人が原理を考えた人が気持ちよくその知的財産を活用できる人に提供するもので、これがあるおかげで原理はわからないのだけれど持っている技術でその機械などが作れるなどのような事もつながるのわけです。


特許を取得している人はその発明などを利用してもらう事で具現化してもらうと共に発明者としての価値などを保護されるので、役に立つ立たないは別として個人で特許を取得しようと考えている人はたくさんいるようです。
posted by 特許取得 at 23:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特許取得のランキング

特許取得 ランキング

個人や企業などが発明したり開発したりしたりしたものを時的財産といい、あらゆるジャンルで活用されています。


特許というものはこの発明をした発明者の権利と保護を目的としたもので、その発明を他の人も利用できるように公開する変わりにある一定の期間発明した者に対しての発明の利用料などの権利を与えるものです。


もしもこのような措置がなければ発明は他の者に知られる事なくそれ以上の発展が出来なくなったりしてしまう可能性も出てくると考えられるわけです。


発明や原理などを考えたりした場合などにこの特許を取得する事になるわけですが、たとえば海外でその装置などの原理を考えたとしてそれを特許を取得しておいて世界中に公開したとします。


それを実現できるだけの設備や知識のあるものがそれを実現した事で現在では様々な発明品が作られ、現代人の暮らしをより豊かにしさらに発展したものが多く存在します。


例えばカメラのオートフォーカスや自動車メーカーのマツダが開発したロータリーエンジンなどがその代表作というのはあまりにも有名な事実ですね。


特許は毎年世界中で登録されていて、その特許にはランキングなどがあります。


ランキングは企業などが自社で発明した発明品やその原理などの特許を取得するわけですが、1つの企業が1つだけ発明を行うわけではないので発明したもので特許を取得した数の統計でランキングを決めるわけです。


ランキングは企業や各国によってそれぞれ発表されており、アメリカの特許ランキングでは12年連続でマイクロソフト社が1位を獲得しており今では不動の地位とされています。


アメリカの特許ランキングの発表によると1位は12年連続マイクロソフト社になっていて10位以内には日本のメーカーなどもあげられていて松下電器産業や東芝や日立製作所などが有名です。


日々たくさんの発明が申請されているわけですが、ランキングでは特に企業の特許取得数などで順位が決まってくるような仕組みになっているようです。


最近では日本の企業の特許の取得が減少している傾向にあるようで、これからの活躍に期待がかかることは間違いないと思われます。
posted by 特許取得 at 23:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。